パソコン修理・トラブル対応

VBAでブレークポイントもないのにプログラムが止まる

今回は、AccessのVBAを使用したシステムを利用しているお客さんのお話。

実は1ヶ月ほど前に、そのシステムでちょっと調査することがございまして、何箇所かブレークポイントを設定したりして動きを追ってたんですね。

その時はそれで終了して、当然ブレークポイントもすべて消しておきました。

ところが、どうもそこを通るときに実行が中断してしまうとのこと。

見てみると。
確かに[中断]と出ております。

けど…
ブレークポイントなんかありゃしません。

んん~~~~????

グーグルの大先生に聞いてみると。

Office XP、および Office 2003 でブレークポイントを設定していないのにプログラムの実行が一時中断される

Microsoft Office XP (以下、Office XP)、および Microsoft Office 2003 (以下、Office 2003) において、VBA プログラム内でブレークポイントを設定していないのに、プログラムの実行が一時中断されてしまう場合があります。

この問題を回避するには、以下のいずれかの方法を実行します。
・中断するコード内で改行を挿入します。
・最適化機能があるアプリケーションの場合は最適化を実行します。
・Office XP、または Office 2003 を再インストールします。
・VBA のコードを全選択して切り取り、メモ帳などに貼り付け、再度 VB Editor に同じコード内容で貼り付け直します

嫌です、再インストールは嫌です。

なんて思いながら「該当箇所で数カ所改行+挿入した改行を削除」をしてみると。

あら不思議治りました。

不思議っていうか、何もないのにここで止まる事自体が「不思議」なんですけどね。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

« »
お気軽にお問い合わせください。メールアドレス:support@kingyo-assist.com

▲ このページの先頭へ