パソコン修理・トラブル対応

Outlookで添付PDFがプレビューできない

Outlookでメールに添付されたPDFを開こうとするとエラーになるとのお問い合わせを頂きました。

環境はWindows7 32bitのOutlook2013。

添付PDFをプレビューしようとすると、1つめはプレビューできますが、2つ目以降エラーになるとのこと。

「このファイルのプレビューを表示できません。次のプレビューアーでエラーが発生しました
PDF Preview Handler」

1022-1

とのこと。

ダブルクリックしてReaderで開こうとしても

「ファイル**.pdfを作成できません。ファイルの作成先フォルダーを右クリックし、
ショートカットメニューの[プロパティ]をクリックして、そのフォルダーへの
アクセス権を確認してください」

1022-2

ですって。

とりあえずReaderをアップデートして最新版にしてみても変わらず。

プレビュー表示を無効にしても変わらず。

ぐぐってみると、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Classes\CLSID配下のレジストリを書き換えるという方法もでてきますが、32bit版だからか、そのキーは見当たらず。

マイクロソフトのサイトに
Outlook で電子メールの添付ファイルを開くか保存しようとすると “ファイルを作成できません” というエラー メッセージが表示される
というページを発見

【引用】
Outlook 2010 Outlook 2010 を使用している場合は、次の手順を実行します。
[マイ コンピューター] をクリックし、C ドライブをダブルクリックします。
[File] メニューの [New] をポイントし、[Folder] をクリックします。
フォルダーに temp0 という名前を付けます。
[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。「regedit」と入力し、[OK] をクリックします。
次のレジストリ キーを見つけてクリックします。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Outlook\Security\
右側のウィンドウで、[OutlookSecureTempFolder] をダブルクリックします。
[値のデータ] ボックスに「C:\temp0\」と入力し、[OK] をクリックします。
レジストリ エディターを終了します。
コンピューターを再起動します。
【引用ここまで】

ところが、Outlook2013に対しての記述はなし。

というわけで探してみると、
HKE_USERS\(SID)\Software\Microsoft\Office\15.0\Outlook\Security
にOutlookSecureTempFolderキーがあった。

1022-3

ここに上記の手順で作成したtemp0フォルダを指定したら、無事開くようになりました。

 

うーん、Outlookのせいなのか、Readerのせいなのか。

個人的には2013はまだまが不具合が多い印象なので、あまり好きじゃありません。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

« »
お気軽にお問い合わせください。メールアドレス:support@kingyo-assist.com

▲ このページの先頭へ