パソコン修理・トラブル対応

Office2016と2013の共存

お客様にマイクロソフトのAccess単品をインストールすることが割りとあります。

今まで、2010や2013は何回もインストールしていたのですが、今回、初めてAccess2016単品を購入し、インストールしました。

インストールしようとしたところ。。。

注意 Office2016のインストールはお待ち下さい
インストールを続行すると以下のアプリケーションが削除され利用することができなくなります。
office2013

というメッセージ。
私は「access2016を入れるとaccess2013が削除されるんだな。このPCにはaccessは他に入ってないから問題ないか」と思い込んでしまいました。
そして
「このままインストールする」
を押してしまった私が悪い。

まさか、こんなことになるなんて。

そう、Office2013のWord、Excelがまるっこアンインストールされてしまいました。
Accessを入れると、WordExcelが削除されるなんて…

なにすんねん、マイクロソフト。

共存、できないんですね、2013と2016は。

しかし、2010と2016は共存できるとのこと
Office 2016 製品 と Office 2010 以前の製品は、共存することができます

>Office 2013 製品がアンインストールされた場合の対応方法:
> マイクロソフト アンサーデスク (https://support.microsoft.com/ja-jp) 新規ウィンドウが開きます までご連絡をお願いいたします。
> お客様の個別の状況に応じたサポートをさせていただきます。

誰が悪いかっていうと、100%、しっかり確認しなかった私が悪いんですけど、それにしてもこの仕様・・・・

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

« »
お気軽にお問い合わせください。メールアドレス:support@kingyo-assist.com

▲ このページの先頭へ