パソコン修理・トラブル対応

Buffalo NASでE13エラー

その日は土曜日でした。

昨日は飲み歩いて帰宅したのが午前3時とかだったし、今日は日が出てるうちにお風呂に入ってゆっくり寝ようかなー
なんておもっていると電話が。

なんとお客さんからの電話で、ファイルサーバの共有フォルダに繋がらなくなったとのこと。

そのお客さんは以前はきちっとしたWindows Serverをお使いだったのですが、リプレースの際にBuffaloのNAS(LS-WX1.0TL/R1)に置き換えられております。

実は正直言うと、うちの前任の担当者がNASに変えてしまったようなんですが、トラブった時にこれ困るんですよね(^_^;)

それはさておき、お風呂上りの良い香りのまま駆けつけると・・・

キャプチャ1

キャプチャ2

HDDが片方逝ってしまわれたみたいですね・・・。

せめてRAIDの効く機種にした前任の担当者、そこは褒めてあげよう。

幸い、ひと駅ほど離れたところにパソコン工房がありますので、そこに行って、同容量のHDDを調達してきました。

全面ケースを開けて交換しまして。

20130302_205520

管理画面から、「RAIDの構築」を選択して。

2013-3-2_20-58-54_No-00

後は、待つだけ。

こんな時間に待ち続けるのも時間の無駄なので、おいとまさせて頂きまして進行状況は遠隔操作にて確認させて頂きました。

もちろん、RAIDとはいっても、バックアップをとっているので、最悪でもデータは別のハードディスクにありますが、1からコピーしなおすよりは、ずいぶんを気が楽でした。

これで月曜日からの業務には支障がでないので、万事解決でした。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

« »
お気軽にお問い合わせください。メールアドレス:support@kingyo-assist.com

▲ このページの先頭へ